こんにちは、テラス鍼灸整骨院の田島です。

最近、気温の低い日が続いてますね。

やっと桜も満開になり始め今週いっぱいがお花見の見ごろかなと感じます。

私は先週の土曜日に診療が終わり、村上先生と二人で2キロ先にある地元の神社にお花見をしに行ってきました。

普段こんなに歩く事もないのでいい刺激になりました。

やはりたまには、しっかりと歩く、走るなどでお身体を動かした方がいいですね!!

 

皆さんは、普段ウォーキングなどで運動はしていますか?

当院に通われている患者様は健康意識の高い方が多くてご自分で運動しているという方も多いのですが、中にはお仕事や家事などで時間を取られなかなかご自分の運動に時間を割くことが難しいという方もいらっしゃいます。

このように、運動したくてもできないという非常に悔しい思いをされている方に今回の内容をお伝えしていきたいと思います。

もちろん、運動はめんどくさいしきついし大変だしやりたくないという方にも是非見ていただきたい内容なのでよろしくおねがいします。

 

まずは、場所を選ばない運動方法!

それは、簡潔に言うと深呼吸をするだけです。

えっ!?それだけ?って思う方もいらっしゃると思いますが、しっかりと深呼吸を続けていくと意外ときついのです。

まずは、鼻で深く息を吸います。

実は、口で息を吸うより鼻で吸った方がより多くの空気を吸えます。

なので、私はランニングをするときはできるだけ鼻で吸うように意識をしています。

実際に、口から鼻に切り替えてから呼吸の乱れが少なくなりました。

より多くの空気を吸えているという事は、全身に多くの酸素を運べるという事ですから非常に重要な事です。

次に、そのまま息を一気に吐きます。

この時は、躊躇せずに思い切り吐きましょう。

約3秒くらいでほとんど肺の中の空気をはけると思いますが、大事なのがここからです。

その後、4秒ほどかけてさらに肺の中の空気を出し尽くします。

体中から空気を絞り出すイメージです。

手順は以上の通りです。

●注意点が、息を吐くときにお身体が丸くならないように注意しましょう。

●息を吐き続けた時に、おなかに力が入る感覚があるとうまくできています。

●息を吸うのに3秒、一気に吐くのに3秒その後吐き続けるのに4秒という意識でやるとしやすいです。

 

この深呼吸を数回繰り返すと意外にお腹周りなどにきいてきます。

場所も選ばないので、私はお風呂などの一人になれる時間や自動車の運転中に信号待ちの時間などにやっていました。

この方法は、ほんとに続ければ効果ありますので、是非チャレンジしてみて下さい!!!