みなさんこんにちは!

テラス鍼灸整骨院の田島です。

最近は、季節が梅雨ということもあり雨が続いていましたね。

今年は遅めの梅雨入りなので例年よりも梅雨明けの時期も遅くなりそうですね。

 

そんなことを考えていると頭が痛くなってきちゃいます。

皆さんも雨が降る日やその前日に頭が痛くなった経験はありますか??

実は、その頭痛は「偏頭痛」と呼ばれるものです。

ちなみに今の僕の頭痛は単なる治療計画の考えずぎによるものです(笑)

 

偏頭痛という症状は、おそらく多くの方、いやほとんどの方が耳にしたことのある言葉ではないでしょうか。

こんなにも世間一般に知られているのに、いったい何が原因で治るのかどうかなどは実際知らない方が非常に多いのが現実です。

なので、今回は皆さんと一緒に偏頭痛について勉強していこうと思っております。

 

 

まず偏頭痛ですが、多くの方の認識で「天気が悪い時、もしくは悪くなる前に頭痛がする」というものだと思います。

大まかには、それで大正解です。

もっと詳しくお伝えすると、「天候が変わる際の気圧の変化がお体に影響を与えそれが頭痛となって現れる」というものです。

 

皆さんは「雨で古傷が痛む」とか「手術の痕が疼く」とか聞いたことありませんか?

偏頭痛は、まさしくそれと同じ状況にあります。

 

そもそも私たちは、常に気圧による影響を受けています。

しかし、正常な状態であればその影響は症状として現れるまでもない小さな影響なのです。

では、なぜ気圧の変化による症状が現れるのか。。

 

それは、もともとお身体がダメージ(負担)を負っているからです。

 

通常であれば、何ら問題のないくらいの変化ですが、手術をした後や傷跡は少なからずお体に通常とは違う感覚を残してしまいます。

それが、負担となり気圧の影響を受けています。

 

実は、頭部に常に負担を与えているもの。

それは、猫背という姿勢です。

頸の角度が前に倒れていくほど、首の筋肉にかかる負担が強くなり筋肉の緊張が増します。

その筋肉の緊張が頭部に影響を与え、偏頭痛の原因となっているのです。

なので、偏頭痛を治したかったら一番の近道は猫背を治すことです。

 

しかし、猫背って今までさんざん言われてこられた方も多いと思いますが、いまいち治し方が分からないと思います。

治そうと努力してきたけど、なかなか改善しない。。。

という方もいらっしゃると思います。

 

そんなお悩みをお持ちの方は一度当院に来てください!!

福岡県柳川市にあるテラス鍼灸整骨院では、姿勢改善によるお身体の根本治療を得意としています。

今のあなたのお身体が、どれくらい猫背があったどれくらい負担があるのかをしっかりと分析したうえで治療を行っていきます。

 

気になった方は、ぜひ一度ご連絡下さい!!