これからますます暑い日が続きますが、皆さんは日焼け対策大丈夫ですか?

中でも使用率の多い日焼け止め商品も、今では色んなものが出回っていて、どれが自分の肌に合うのか分からない人も多いと思います。

 

パッケージの裏によく書かれている「SPF」「PA」の違いですが、

SPFは、UV-Bに対する防止効果を示すものになります。UV-Bを浴びた肌はサンバーンと呼ばれる炎症を引き起こし、色素沈着が起こります。これが俗にいう「日焼け」の状態です。

SPFは、紫外線を浴びて日焼けが起きる平均時間(20分)を何倍先延ばしにできるかという基準で設定されます。例えば、SPF30であれば、20分×30=600分=10時間

この数値はあくまでも目安なので、人によっては時間が前後することもあります。

一方でPAは、UV-Aに対する防止効果を示します。UV-Aは肌の内部組織に影響を与え、シミやシワ、たるみの原因になります。また、活性酸素の発生にも関与していると言われ、肌老化の原因にもなります。

PAは「+」の数で効果が表示されます。

PA+ :効果がある  PA++ :効果がかなりある  PA+++ :効果が非常にある

このSPFもPAも数値が高い方が良いのは言うまでもないですが、その分肌への負担も大きくなります。

 

そして、SPFとPAの効果をもたらす日焼け止め成分というのが2つあり、

一つは紫外線吸収剤というもので、紫外線のエネルギーを熱などに変換して放出し、肌への影響を防止する仕組みです。紫外線防止効果が高いですが、肌の上で化学反応が起こるので、肌が弱い方は刺激が出ることもあります。

もう一つは紫外線散乱剤というもので、紫外線を遮断して物理的に紫外線を散乱させることで、肌への影響を防止する仕組みです。紫外線吸収剤よりも肌への刺激は少なく、主に敏感肌用や無添加を謳う日焼け止めに使用されています。材料は酸化チタン酸化亜鉛などの鉱物が中心です。

 

刺激が少ないことで主流になりつつある紫外線散乱剤ですが、中には肌の上で白浮きしやすかったり、分子同士が吸着しにくく崩れやすいなどの欠点もあります。

その対策として、成分の「ナノ化」が行われているんですが、逆に成分が体内に取り込まれやすくなってしまうという危険も危惧されています。それによる長期的な影響は明らかになっていないものの、安全に敏感なメーカーなどでは、ナノ化成分の過剰な吸収を防ぐために安全な成分でコーティングするなどの対策が行われています。

また、オーガニックとついている商品でも、少ししか配合されていないものもあるので注意が必要です。

日焼け止め選びでのポイント❕❕

  • 日常生活においてSPFは30以下、PAは++までで十分です。数値よりもこまめな塗り直しを‼
  • 成分表示に紫外線吸収剤・紫外線散乱剤のどちらが入っているか確認を‼

※紫外線吸収剤の成分は、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジメンゾイルメタン、オキシベンゾン3が書かれています。

  • 紫外線散乱剤使用の場合ナノ化されているか、その際コーティングされているか確認しましょう。

コーティング剤の成分…水酸化AI、シリカ、ステアリン酸、ジメチコン、植物オイル

  • オーガニックのものを選ぶ際も、オーガニックとする基準が明らかになっているものを選びましょう。

この項目を参考に日焼け止めを選んでもらえればと思います。

他にも生活に関する情報を知りたい方は、ぜひ当院までお越しください。