みなさんこんにちは

テラス鍼灸整骨院の田島です。

2月までは、佐賀県基山町にある本院のほうで勤務していたのですが、今月からしばらくテラス鍼灸整骨院で勤務します。

よろしくおねがいします。

 

早速ですが、現代の日本でとっても多い不良姿勢の一つ「猫背」についてお伝えしていこうと思います。

今や日本人の8割が猫背と言われている時代。

なぜここまで猫背が多くなってしまったのかというと、時代背景にあります。

まず、スマートフォンやタブレットの普及により下を向くことが極端に増えました。

数年前に比べて、スマートフォンを所持する年齢も下がってきていることにより比較的早期から下を向くという習慣がお体に癖づいてしまうのです。

さらに小学生などで外遊びをする子供が減ってきていることです。

外遊びが減ってくると幼い時に発達しなければいけない体幹の筋肉が発達しないために姿勢が崩れやすい体つきになってしまいます。

さらにゲームの時間が増えることにより猫背の原因にもなります。

働く方たちの問題となると、最近では農業や工場での仕事が減少傾向にあり逆にIT関連の企業等が増加傾向にあります。

それによりパソコンなどのデスクワークが増えてきているのも背景にあります。

このように、時代の変化とともに増えてきている「猫背」ですが、お体に対してはどのような変化が現れるのでしょうか。

 

 

①首、肩の凝りや痛み、頭痛

猫背による代表的な症状として、肩こりがあります。

このお悩みを抱えている方は、非常に多いと思いますがほとんどの場合が猫背という姿勢由来のものと言われています。

猫背により首にも肩と同等の負担がかかってくるため、首の凝りや寝違えを頻繁に起こすようになったりする方もいらっしゃいます。

さらに首、肩の筋肉の緊張が原因の頭痛も猫背によって引き起こされます。

頭痛の約8割の原因が猫背によるものです。

②脳への血流不足

脳へ向かう血管は、首を通ります。

その首で、頸椎の歪みや筋肉の緊張により血流が阻害されると脳への血流量の低下が起き、頭がぼーっとしたり猛烈な眠気が来たりというような症状を引き起こします。

③外見による印象

猫背だと「やる気がなさそう」「自信がなさそう」というような印象を相手に与えてしまいます。

しかも、猫背だと服がかっこよく着こなせません。

このように、お体の症状以外でも猫背による生活への支障は現れます。

このブログを見て、「わたし猫背かも」と思われた方がいましたら当院にお越しください。

これを機にしっかりと姿勢を治していきましょう。