‍いつもテラス鍼灸整骨院のブログを見て頂きありがとうございます‼️

 

今回のテーマは『いい睡眠をとるためには』

です。

 

みなさんは、日々快適な目覚めはできていますか??

 

朝、アラームにより目が覚めスッキリしない。

疲れがとれていない。

まだ寝たいと思う。

 

こういった朝になってはいないでしょうか??

 

今そういう風に毎日を過ごされている方は要注意です。

 

ではなぜ、こういう事が起きてしまうのでしょうか?

 

睡眠の質に対しては様々な考え方があります。

 

生活環境、就寝前の行動、食生活などなど。

 

今回お伝えしていきたいのは

『普段の姿勢と睡眠の関連性です』

 

『姿勢と睡眠って関係あるの!?』

と思われる方もいるのではないでしょうか。

 

すごく関係あります。

 

背骨には自律神経が存在します。

 

猫背になったりで姿勢が常に歪んでいる方は自律神経を圧迫し正常に働かなくなってしまいます。

 

自律神経とは

交感神経と副交感神経があり

リラックス状態と緊張状態の切り替えをしてくれる神経です。

 

例えば、怒っている時は交感神経優位です。

例えば、南国のビーチで椅子に腰掛けゆっくりしている時間は副交感神経優位です。

 

ということは、今から寝ようとしている時に

交感神経優位だとどうでしょうか??

 

寝る時に怒っている。

 

とても難しいですね。そして寝れません。笑

 

このように自律神経を普段から整えておく事が睡眠の質に関係してきます。

 

自律神経を整える方法は様々ありますが大元の背骨の歪み(姿勢改善)がとても大事になってきます。

 

当院でも不眠症の方や元々は腰痛や肩こりで来院された方の話しをお聞きすると夜中に起きてしまう。

などの声をよく聞きます。

 

そして、姿勢改善を行っていくなかで

『夜寝れるようになった』

『夜中起きなくなった。』

という声はよく聞きます。

 

みなさんの姿勢はどうでしょうか??

周りの方から猫背などと指摘された事はないでしょうか。

 

もし、ご自分が睡眠に関する悩みや体の痛みに関する悩みがある方は姿勢が歪んでいる可能性が高いです。

 

当院では骨盤の角度や猫背の角度を詳しく検査をする画像分析も行っています。

 

その写真を元に一つ一つの症状の説明や、今後どういう治療が必要か、どのくらい期間がかかるのか??

というご説明を初診時にお話しをさせて頂きます。

よく皆さまが感じられる

『病院はいつまで通っていいか分からない』

 

そんな不安を少しでも取り除けたらなと考えています。

 

お体の事で悩みがございましたらぜひご相談ください!